「よくわかる省エネ」トップ ≫ エコ住宅の新築
住宅性能診断士 ホームズ君シリーズ 製品情報

住まいの省エネ

平成25年省エネ基準

認定低炭素住宅

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

平成11年省エネ基準
(次世代省エネ基準)

住宅・建築物省CO2先導事業

省エネリフォームレポート

省エネに関する法律と制度

エコ住宅の新築

エコポイントの発行対象となるエコ住宅の新築とは

次の(1)または(2)に該当する住宅の新築工事がエコポイント発行対象となります。

1) 省エネ法のトップランナー基準相当の住宅

外壁・窓等の断熱性能に加えて、給油設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について総合的に評価して得られる一次エネルギー消費量が、省エネ法に基づく【住宅事業建築主の判断の基準(トップランナー基準)】に相当する新築住宅が対象となります。

2) 省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

【省エネ基準】を満たす外壁・窓等を有する木造住宅が対象となります。

  • 持家・借家、一戸建ての住宅、共同住宅等に関わらず全ての住宅が対象になります。
  • 省エネ基準を補助の要件とした新築住宅に対する国の補助金を受けている場合は、ポイントの発行対象外です。高効率給湯器や太陽光発電設備などについては、ポイントの発行対象工事に該当しないため、これらに対する補助を受けていても、ポイントの発行対象になります。
  • ポイントの発行対象となる住宅であっても、要件を満たせば、税制特例や融資の優遇を受けることができます。

発行されるエコポイント数

一戸あたり、一律300,000ポイントです。

エコポイント発行対象となる工事期間

平成21年12月8日~平成22年12月31日に建築着工※1したもので、
平成22年度1月28日※2以降に工事が完了した住宅

  • ※1) 根切り工事または基礎杭打ち工事の着工
  • ※2) 平成22年1月28日は平成21年度第2次補正予算成立日

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、発行対象となる工事期間が異なるため、ご注意ください。

エコポイントの申請期限

一戸建ての住宅

平成23年6月30日まで

共同住宅等

階数が10階以下:平成23年12月31日まで
階数が11階以上:平成24年12月31日まで

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、エコポイント申請期限が異なるため、ご注意ください。

エコポイントの交換期限

平成25年3月31日まで

参考情報

住宅エコポイント事務局