「よくわかる省エネ」トップ ≫ 復興支援・住宅エコポイント
住宅性能診断士 ホームズ君シリーズ 製品情報

住まいの省エネ

平成28年省エネ基準

認定低炭素住宅

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

平成25年省エネ基準改正

平成11年省エネ基準
(次世代省エネ基準)

ホームズ君「すまいのエコナビ」実測検証

省エネリフォームレポート

住宅・建築物省CO2先導事業

省エネに関する法律と制度

復興支援・住宅エコポイント

復興支援・住宅エコポイントとは、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、 住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地復興支援のため、エコ住宅の新築または エコリフォームをした場合にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

ポイントの発行対象

  エコ住宅の新築
エコ住宅の新築についてはこちら
エコリフォーム
エコリフォーム
ポイントの発行対象
発行されるポイント数
(被災地)
  • 1戸あたり300,000ポイント
  • 太陽熱利用システムを設置した場合は、
    上記に対して20,000ポイントを追加
    (300,000 + 20,000 = 320,000ポイント)
  • 工事等内容に応じて
    2,000~100,000ポイント
  • 1戸あたり300,000ポイントを上限
  • 耐震改修を行った場合は、1戸あたり300,000ポイントの上限とは別に150,000ポイントを加算
    (300,000 + 150,000 = 450,000ポイント)
  • ポイントの発行上限には、過去に発行された住宅エコポイントと復興支援・住宅エコポイントを合計したものを含みます。
  • エコ住宅の新築でポイントを取得した住宅はエコリフォームの申請を行うことはできません。
発行されるポイント数
(その他の地域)
  • 1戸あたり150,000ポイント
  • 太陽熱利用システムを設置した場合は、
    上記に対して20,000ポイントを追加
    (150,000 + 20,000 = 170,000ポイント)
対象となる
工事期間
平成23年10月21日~平成24年10月31日
に建築着工したもの
平成23年11月21日~平成24年10月31日
に工事着工したもの
対象となる住宅
  • (1)省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
  • (2)省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅(=省エネ等級4)

(1)または(2)に該当する住宅に、太陽熱利用システムを設置した場合も、ポイントの発行対象となります。

  • 窓の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  • 上記と併せて、以下のa~dの工事等実施の場合
    • バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
    • 住宅設備(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)の設置
    • リフォーム瑕疵保険への加入
    • 耐震改修
申請期限
一戸建ての住宅 平成25年4月30日まで 平成25年1月31日まで
共同住宅等 階数が10以下
平成25年10月31日まで
階数が11以上
平成26年10月31日まで
共同住宅等で
耐震改修を行うもの
  階数が10以下
平成25年10月31日まで
階数が11以上
平成26年10月31日まで

長期優良住宅であれば、省エネ等級4を満たしているので、住宅エコポイントの対象となる!※住宅エコポイントと、木のいえ整備促進事業の併用は不可

ポイントの交換対象

発行されるポイントのうち1/2(半分)以上を、復興支援商品(被災地の特産品や被災地への寄附等)に交換していただけます。

発行されるポイントのうち1/2(半分)までは、即時交換およびエコ商品と交換できます。

復興支援商品

  • 被災地産品
  • 被災地の商品券等
  • 東日本大震災への義援金及び募金等

エコ商品等

  • エコ商品
  • エコ住宅の新築またはエコリフォームを行う工事施工者が追加的に実施する工事(即時交換)
  • 環境寄附

ポイントの発行申請

申請者

新築住宅の購入者、新築・リフォーム工事の発注者(通常は住宅所有者)が行います。

申請方法

申請窓口(指定住宅瑕疵担保責任保険法人の取次店)に持参する方法と、住宅エコポイント事務局に郵送する方法があります。

即時交換を利用する場合は、申請窓口に持参する方法に限ります。

詳細情報