「よくわかる省エネ」トップ ≫ エコリフォーム
住宅性能診断士 ホームズ君シリーズ 製品情報

住まいの省エネ

平成28年省エネ基準

認定低炭素住宅

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

平成25年省エネ基準改正

平成11年省エネ基準
(次世代省エネ基準)

ホームズ君「すまいのエコナビ」実測検証

省エネリフォームレポート

住宅・建築物省CO2先導事業

省エネに関する法律と制度

エコリフォーム

エコポイントの発行対象となるエコリフォーム

A) 窓の断熱改修

改修後の窓が、省エネ基準(平成11年基準)に規定する断熱性能に適合するように行う、次のいずれかの断熱改修が対象となります。ただし、使用する建材は住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

  • ガラス交換
  • 内窓の設置
  • 外窓の交換

B) 外壁・屋根・天井または床の断熱改修

改修後の外壁・屋根・天井または床の部位ごとに、一定の量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いた断熱改修を対象とします。ただし、使用する建材は、熱伝導率などの断熱性能が確認された断熱材で、住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

※) JISA9504・JISA9511・JISA9521・JISA9523・JISA9526・JISA5905に適合している認証を受けていることや、それと同等の性能を有することが証明されていることなどが要件となります。

C) バリアフリー改修

(A)または(B)の改修工事と一体的に行うバリアフリー改修工事を対象とします。

手すりの設置

「浴槽」・「便所」・「洗面所」・「浴槽、便所、洗面所以外の居室」・「廊下」・「階段」への手すりの設置

段差解消

「屋外に面する出入り口(玄関・勝手口等)」・「浴室」・「屋内(浴槽を除く)」における段差解消

廊下幅等の拡張

「道路の幅」・「出入り口の幅」の拡張

  • 持家・借家、一戸建ての住宅、共同住宅等に関わらず全ての住宅が対象になります。
  • 国からの補助を受けて窓や壁などの断熱工事やバリアフリー改修工事を行っている場合は、ポイントの発行対象外です。
  • ポイントが発行される住宅であっても、要件を満たせば、税制特例や融資の優遇を受けることができます。

エコポイント発行対象外

  • バリアフリー改修のみを行う工事。
  • 工務店等の工事施工者と工事請負契約がない工事(例:日曜大工など)。

発行されるエコポイント数

各項目を合算し、上限を一戸あたり300,000ポイントとします。

A) 窓の断熱改修

窓の大きさの区分および改修方法に応じて定める以下のポイント数に施工箇所数を乗じて算出したポイント数を発行します。

B) 外壁・屋根・天井または床の断熱改修

施工部位ごとにポイント数を発行します。

C) バリアフリー改修

(A)または(B)の改修工事と一体的に行うバリアフリー改修について、施工内容に応じて以下のポイント数を発行します。

エコポイントの発行対象となる工事期間

平成22年1月1日~平成22年12月31日に着工※1したもので、
平成22年度1月28日※2以降に工事が完了したもの

  • ※1) ポイントの発行対象工事を含む工事全体の着手
  • ※2) 平成22年1月28日は平成21年度第2次補正予算成立日

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、発行対象となる工事期間が異なるため、ご注意ください。

エコポイントの申請期限

平成23年3月31日まで

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、エコポイント申請期限が異なるため、ご注意ください。

エコポイントの交換期限

平成25年3月31日まで

参考情報

住宅エコポイント事務局