「よくわかる木構造」トップ ≫ よくわかる住宅性能表示

よくわかる住宅性能表示

1.構造の安定    ≫詳細ページへ

地震や風等の力が加わった時の建物全体の強さ

評価方法

壁量、壁の配置のつりあい等

2.火災時の安全    ≫詳細ページへ

火災の早期発見のしやすさや建物全体の強さ

評価方法

感知警報装置の設置、延焼のおそれのある部分の耐火時間等

3.劣化の軽減    ≫詳細ページへ

建物の劣化(木材の腐朽等)のしにくさ

評価方法

防腐・防蟻措置、床下・小屋裏の換気等

4.維持管理への配慮    ≫詳細ページへ

給排水管とガス管の日常における点検・清掃・補修のしやすさ

評価方法

地中埋設管の配置方法等

5.温熱環境    ≫詳細ページへ

暖冷房時の省エネルギーの程度

評価方法

躯体・開口部の断熱等

6.空気環境    ≫詳細ページへ

内装材のホルムアルデヒド拡散量の少なさ及び換気措置

評価方法

居室の内装材の仕様、換気措置等

7.光・視環境    ≫詳細ページへ

日照や採光を得る開口部面積の多さ

評価方法

居室の床面積に対する開口部面積の割合

8.音環境    ≫詳細ページへ

居室のサッシ等の遮音性能
※音環境は希望する方だけが性能評価を受ける選択項目です

評価方法

サッシ等の遮音等級

9.高齢者等への配慮    ≫詳細ページへ

バリアフリーの程度

評価方法

部屋の配置、段差の解消、階段の安全性、手すりの設置、通路・出入り口の幅員等

10.防犯    ≫詳細ページへ

評価方法

住宅内部に通じる開口部について、侵入防止対策上有効な措置が講じられているかどうか