「よくわかる木構造」トップ ≫ 住宅性能表示制度におけるシックハウス対策

住宅性能表示制度におけるシックハウス対策

1.2003年7月より住宅性能表示制度にシックハウス対策が導入されます

2003年7月1日、シックハウス対策のための規制が導入された改正建築基準法が施行されます。シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、建築物に使用する建材や換気設備に関して法律による規制が行われます。

これに伴い、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく住宅性能表示制度についても改正が行われます。

2.主な評価項目は3つ

今回の改正では、シックハウスの原因のひとつとされているホルムアルデヒドが含まれている建材の使用状況や換気設備の有無などが評価項目となります。具体的には、次の3点において住宅性能が評価されます。

(1)ホルムアルデヒド対策

評価対象とする建材の範囲

これまで評価対象であった建材に加え、新たに壁紙、塗料、接着剤、断熱材等についても評価対象となります。

特定建材の表示方法、等級

使用する特定建材のホルムアルデヒドの発散速度(1m2・1時間あたりの発散量)に応じて表示することとなります。

また、JIS・JAS規格の改正によりホルムアルデヒド対策の程度を示す「等級」が以下のように変更され、ホルムアルデヒドの発散量が多い建材(E2・Fc2など)は居室の内装に使用できなくなります。

改正前 改正後
  等級3(F☆☆☆☆相当)
等級4(E0・Fc0) 等級2(第3種建材・F☆☆☆相当)
等級3(E1・Fc1) 等級1(第2種建材・F☆☆相当)
等級2(E2・Fc2) ×(廃止・使用禁止)
等級1(その他) ×(廃止・使用禁止)

※表中のEx、FcxはそれぞれJIS、JAS規格を表す。また、F☆はJIS・JAS共通の評価記号である。

なお、使用する特定建材のうち、最も時間当たりの発散速度が大きい建材の等級区分をもって表示等級とします。つまり、F☆☆☆☆のみ使用している場合には等級3、F☆☆を使用しておらずF☆☆☆☆及びF☆☆☆を使用している場合は等級2、F☆☆を使用している場合は等級1とします。

評価対象とする住宅の部位

評価対象とする住宅の部位は、内装仕上げ(ただし、柱等の軸材や廻り縁、窓台、巾木、建具枠、部分的に用いる塗料、接着剤等は除く)だけではなく、天井裏等(天井裏等に換気設備が設置されている場合を除く)も含まれることとなります。内装は等級1~3、天井裏等は等級2又は3と評価・表示されます。

(2)換気対策

居室の換気対策

建築基準法により原則として設置が必要となる換気回数0.5回/h以上(天井の高さに応じて緩和)の換気設備が設けられている場合には、「常時の機械換気」とします。また、真壁造の建築物の居室で、外壁、天井及び床に合板その他これに類する板状に成型した建築材料を用いないもの等は「その他」とし、併せてその具体的内容を記載します。


局所換気対策

台所、便所、浴室のそれぞれについて「機械換気設備」「換気のできる窓」の設置の有無を評価・表示します。(現行通り)

(3)室内空気中の化学物質の濃度等

アセトアルデヒドが測定対象物質に

住宅の完成段階で、室内空気中の化学物質の濃度を測定し、その結果を測定条件とともに表示することができます。測定の対象となる化学物質は、これまでホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの5物質でしたが 、2003年4月よりアセトアルデヒドが追加されました。

※アセトアルデヒドの特性木質建材

アセトアルデヒドは、アセトアルデヒドを原材料に使用している合成樹脂や接着剤、防腐剤、香料等のほか、エタノールの酸化により生成されるため、様々な食物やアルコールを含むもの、またヒトそのものも発生源となり、さらに喫煙でも発生します。人体への影響として、蒸気は目、鼻、のどに刺激があります。目に侵入すると結膜炎や目のかすみを起こします。長時間の直接接触により発赤、皮膚炎を起こすこともあります。