「よくわかる省エネ」トップ ≫ 夏期日射取得係数(μ値)とは

夏期日射取得係数(μ値)とは

夏期における日射の入りやすさをあらわします。
μ値が小さいほど、日射が入りづらく、冷房効率が高くなります。

夏期日射取得係数(μ値)の計算式

※建物に侵入する日射量:部位ごとに侵入する日射量の総和
建物に侵入する日射量

部位ごとの建物に侵入する日射量

各部位から侵入する日射量は下表の計算式より求めます。
開口、外壁は部位の方位に応じた方位係数(ν) を乗じます。

部位
計算式
屋根
屋根の水平投影面積×夏期日射侵入率(η)×方位係数(ν) ※
外壁
外壁面積×夏期日射侵入率(η)×方位係数(ν)
開口
開口面積×夏期日射侵入率(η)×方位係数(ν)
※屋根の方位係数は常に「1.0」

μ値の部位

地域区分と部位の方位より方位係数(ν)を求めます。

地域別の方位係数(ν)
方位
地域区分
東・西
0.47
0.46
0.45
0.45
0.44
0.43
0.47
0.44
0.41
0.39
0.36
0.34
南東・南西
0.50
0.48
0.46
0.45
0.43
0.42
0.27
0.27
0.25
0.24
0.23
0.20
北東・北西
0.36
0.36
0.35
0.34
0.34
0.32

【参考1】開口の夏期日射侵入率(η)

ガラスと日射遮蔽物の組み合わせより、η0値を求めます。
η0値に、日除け等の補正係数fcを考慮してη値を求めます。

η値の計算式

窓のη0値(ガラスと日射遮蔽用付属部品の組合せで定まるη0値)
ガラスの仕様
日射遮蔽物等の種類
なし レースカーテン 内付け
ブラインド
紙障子 外付け
ブラインド
普通複層ガラス 0.79 0.53 0.45 0.38 0.17
低放射複層ガラスA
(空気層12mm)
0.75 0.55 0.49 0.44 0.16
低放射複層ガラスCM
(空気層12mm)
0.59 0.47 0.43 0.40 0.14
普通単板ガラス
0.88
0.56
0.46
0.38
0.19

補正係数fcの求め方
ガラスと日射遮蔽物の組み合わせ

【参考2】開口以外の夏期日射侵入率(η)

部材のU値に係数0.034をかけた値を、η値とします。