「よくわかる省エネ」トップ ≫ 熱貫流率(U値)(W/m2・K)とは
住宅性能診断士 ホームズ君シリーズ 製品情報

住まいの省エネ

平成28年省エネ基準

認定低炭素住宅

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

平成25年省エネ基準改正

平成11年省エネ基準
(次世代省エネ基準)

ホームズ君「すまいのエコナビ」実測検証

省エネリフォームレポート

住宅・建築物省CO2先導事業

省エネに関する法律と制度

熱貫流率(U値)(W/m2・K)とは

※熱貫流率を示す記号が、平成21年4月1日に施行された改正省エネ法において、「K」から「U」に変更されました。 これは、熱貫流率を表す記号が国際的には「U」が使用されていることを勘案して、変更が行われたものですが、その意味や内容が変わったものでは一切ありません。

断熱仕様断面イメージ

実質熱貫流率U値の計算例

※壁体内に通気層があり、その場合には、通気層の外側の熱抵抗を含めない。
(1)熱橋面積比

▼910mm間における熱橋部、および一般部の面積比は以下計算式で求めます。

  • 熱橋部の熱橋面積比
    =(105mm+30mm)÷910mm
    =0.1483516≒0.15
  • 一般部の熱橋面積比
    =1-0.15
    =0.85
(2)「外気側表面熱抵抗Ro」・「室内側表面熱抵抗Ri」は、下表のように部位によって値が決まります。
部位 室内側表面熱抵抗Ri
(㎡K/W)
外気側表面熱抵抗Ro
(㎡K/W)
外気の場合 外気以外の場合
屋根 0.09 0.04 0.09  (通気層)
天井 0.09 - 0.09  (小屋裏)
外壁 0.11 0.04 0.11  (通気層)
0.15 0.04 0.15  (床下)

▼この例では「外壁」部分の断熱仕様であり、また、外気側は通気層があるため、以下の数値を計算に用います。

  • 外気側表面熱抵抗Ro  :  0.11
  • 室内側表面熱抵抗Ri  :  0.11
(3)部材

▼以下の式で各部材熱抵抗値を求めます。

  • 熱抵抗値=部材の厚さ÷伝導率

    ※外壁材部分は計算対象に含まれせん。
    壁体内に通気層があり、そこに外気が導入されている場合は、通気層より外側(この例では「外壁材」部分)の熱抵抗は含みません。
(4)平均熱貫流率

平均熱貫流率は以下の式で求めます。

  • 平均熱貫流率
    =一般の熱貫流量×一般部の熱橋面積比+熱橋部の熱貫流率×熱橋部の熱橋面積比

    =0.37×0.85+0.82×0.15
    =0.4375≒0.44
(5)実質熱貫流率

平均熱貫流率に熱橋係数を乗じた値が実質貫流率(U値)となります。

  • 木造の場合、熱橋係数は1.00であるため平均熱貫流率と実質熱貫流率は等しくなります。

主な部材と熱貫流率(U値)

部材
U値(W/㎡・K)
屋根(天然木材1種、硬質ウレタンフォーム保温板1種等) 0.54
真壁(石こうボード、硬質ウレタンフォーム保温板1種等) 0.41
大壁(合板、グラスウール16K等) 0.49
板床(縁甲板、グラスウール16K等) 0.41
金属製建具:低放射複層ガラス(A6) 4.07