「よくわかる耐震」トップ ≫ 震度データベースについて

震度データベースについて

気象庁ホームページにおいて、震度データベースが公開されています。このデータベースでは、過去に震度1以上を観測した地震を、県別・観測点別に検索することができます。

具体的には、(1)震度別回数表作成、(2)最新有感地震検索、(3)期間を指定して有感地震検索を行うことができます。検索対象期間は、1926年から2日前までです。

(1)震度別回数表作成

全国いずれかの地点、指定した都道府県内のいずれかの地点、指定した観測点の各々について、日別、月別、年別、指定した期間の合計の震度別地震回数表を作成します。

仕組み
例1 東京都の震度別地震回数表
検索期間 2007/01/01 00:00 - 2007/12/31 24:00

(2)最新有感地震検索

全国いずれかの地点、指定した都道府県内のいずれかの地点、指定した観測点の各々について、指定した震度以上を観測した地震の震源と各地の震度を新しいものから順に指定した個数検索します。都道府県や観測点を指定した場合は、該当する観測点を強調表示します。

最新有感地震検索
例2 東京都の最新有感地震検索(震度2以上)
指定した期間の先頭から順に最大1イベント検索

(3)期間を指定して有感地震検索

全国いずれかの地点、指定した都道府県内のいずれかの地点、指定した観測点の各々について、指定した震度以上を観測した地震の震源と各地の震度を指定した期間の先頭から指定した個数になるまで検索します。都道府県や観測点を指定した場合は、該当する観測点を強調表示します。

期間を指定して有感地震検索
例3 東京都の有感地震検索(震度4以上)
検索期間 2007/11/05 00:00 - 2008/11/04 24:00(東京都内のみ抜粋)
指定した期間の先頭から順に最大1イベント検索

なお、詳しい操作方法、注意事項、推奨環境等につきましては、気象庁ホームページでご確認ください。