「よくわかる耐震」トップ ≫ 誰でもできるわが家の耐震診断
住宅性能診断士 ホームズ君シリーズ 製品情報

耐震診断

耐震診断とは

耐震診断の種類と方法

2012年改訂版
「木造住宅の耐震診断と補強方法」

従来の耐震診断法

2012年改訂版
耐震診断と補強方法

耐震に関する法律と制度

長期優良住宅化リフォーム
推進事業

地震調査

Eディフェンス
(実大建物震動台実験)

耐震診断ソフトによるシミュレーション

誰でもできるわが家の耐震診断

表紙誰でもできるわが家の耐震診断」は、国土交通省住宅局建築指導課監修、「財団法人 日本建築防災協会」発行の2004年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」の中で示されている、診断方法のひとつです。

注)この耐震診断は、国土交通省住宅局監修、財団法人 日本建築防災協会編集 のリーフレット”誰でもできるわが家の耐震診断”を了解を得て紹介したものです。
診断内容の詳細については、財団法人日本建築防災協会へお問合せください。 なお、診断内容の無断複写、複製、転載は禁じられています。

診断の目的

この耐震診断は、ご自宅の耐震性能の理解や耐震知識の習得を進めていただき、耐震性の向上を図るための耐震改修に向けて、より専門的な診断を行う際の参考 にして いただくことを目的に作られました。お住まいになっている住宅について、住んでいる方がご自身で住宅の耐震診断を行い、住宅のどのようなところに地震に対 する強さ、弱さのポイントがあるかなどがわかるようにできています。

対象住宅

この診断の対象としている住宅は、1~2階建ての一戸建て木造住宅(在来軸組構法、枠組壁工法〔ツーバイフォー工法〕)などで店舗・事務所等を併用する住宅を含みます。

■在来軸組構法の構造図

構造図

耐震診断問診表

下記10項目について「耐震診断問診表」の各問診で適切な項目を選び、各評点をすべて合計します。評点の合計から、3段階で判定します。

問診10項目
問診1 建てたのはいつ頃ですか?
問診2 いままでに大きな災害に見舞われたことはありますか?
問診3 増築について
問診4 傷み具合や補修・改修について
問診5 建物の平面はどのような形ですか?
問診6 大きな吹き抜けがありますか?
問診7 1階と2階の壁面が一致しますか?
問診8 壁の配置はバランスがとれていますか?
問診9 屋根葺材と壁の多さは?
問診10 どのような基礎ですか?

判定
評点の合計 判定・今後の対策
10点 ひとまず安心ですが、
念のため専門家に診てもらいましょう
8~9点 専門家に診てもらいましょう
7点以下 心配ですので、
早めに専門家に診てもらいましょう
さあ、診断してみましょう。
まず、下の「耐震診断を行う」をクリックしてください。診断する問診は、10項目です。該当する項目を選んで下さい。
耐震診断を行う
※一般財団法人 日本建築防災協会ホームページへリンクします。