木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

ZEH協、2018年度予算案のZEH関連事業の説明会を開催

 一般社団法人ZEH推進協議会は2018年度に予定されているZEH(ゼロエネルギー住宅)関連施策の説明会を2月21日、すまい・るホール(東京都文京区)で開催する。経済産業省、環境省、国土交通省の担当者がZEH関連施策を説明する。

 ZEHの普及を効果的に進めるため、2018年度予算案では、3省の役割をこれまでよりも明確に分け、事業を行う考え。具体的には経産省は、より高性能なZEHや建売住宅、中高層の集合住宅などこれから普及が見込まれる分野を担当し、環境省が注文住宅や低層の集合住宅など普及が進みつつある分野での普及を進める。国交省はZEHの施工経験が少ない事業者への優遇など中小企業向けの事業を進めていく。同説明会ではそれぞれの事業について、各省の担当者が解説する。

 また、同会のほか、一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会、日本電機工業会、太陽光発電協会、住宅性能評価・表示協会といった関連する民間団体が、それぞれ行っている取り組みを紹介する。

 参加費は3000円。定員250人。申し込みは同会のホームページで。


(2018/1/10 新建ハウジングDIGITAL )
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲TOP
▲TOP