自然室温編(室温予測と実測値の検証比較)|ホームズ君よくわかる省エネ
「よくわかる省エネ」トップ ≫ 自然室温編(室温予測と実測値の検証比較)

住まいの省エネ

平成28年省エネ基準

認定低炭素住宅

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

平成25年省エネ基準改正

平成11年省エネ基準
(次世代省エネ基準)

ホームズ君「すまいのエコナビ」実測検証

省エネリフォームレポート

住宅・建築物省CO2先導事業

省エネに関する法律と制度

住宅性能診断士 ホームズ君シリーズ 製品情報

自然室温編(室温予測と実測値の検証比較)

ホームズ君「省エネ診断エキスパート」すまいのエコナビオプション(以下「すまいのエコナビ」とする)は、動的熱負荷計算による室温計算が可能です。時々刻々と変化する気象条件(外気温や日射量など)や周辺環境による日影の影響を考慮した計算を行う画期的なソフトウェアです。開発にあたっては、シミュレーション結果と実際の室温の実測データの比較を行い、計算された室温の確からしさの検証・フィードバックを行っています。

『自然室温編』は暖冷房を行わない住宅においての室温の実測とシミュレーション値の比較に関するレポートです。

室温の実測と比較検証の方法

  • スマートワトソン君無線温湿度計「温エアー」(インテグラル製)を⽤いて、各物件の外気温、部屋ごとの室温を計測しました。
  • ⽐較検証をするにあたり、出来る限り実測に近い条件でのシミュレーションをするため、各物件の計測地、計測⽇の外気温、湿度、⽇照時間(気象庁のデータベース)、さらにこれらを元に推定した⽇射量、夜間放射量を求め室温を計算しました。

イメージ

結果

自然室温編(新築)

  • 実測した室温とすまいのエコナビのシミュレーションで求めた室温を⽐較したところ、実測に近い室温が求められました。
  • 一時的に3℃程度差異がある場合もありますが、全体の温度域や温度の上昇、下降における傾きは概ね一致しました。
  • 計測時の外気温や日射量をもとに、隣棟なども考慮した結果、十分な一致が見られることから、新築物件の設計における室温シミュレーションツールとして十分実用に足りると考えます。

自然室温編(既築)

  • 実測した室温とすまいのエコナビのシミュレーションで求めた室温を⽐較したところ、実測に近い室温が求められました。
  • 居住者が不在の状態において、計測時の外気温や日射量、隣棟などを考慮し、十分な一致が見られることから入居中の物件の自然室温(暖房なし)の場合における室温シミュレーションツールとして十分実用に足りると考えます。

レポート

下記の画像をクリックしていただくと、PDFファイルが開きます。

イメージ
イメージ
▲TOP
▲TOP