ホームズ君.comのトップページへ
火災時の安全
構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯



[性能表示目次に戻る]

評価・表示項目
項目別基準解説
感知警報装置等級の基準
  3階の脱出対策
  耐火等級(開口部)の基準
  耐火等級(開口部以外の基準
用語の解説
  住宅用火災警報
  居室とは
  自動火災報知設備
  避難器具
  延焼の恐れのある部分
【参考】外壁等の耐火性能の確保のための留意点

等級の基準一覧

火災時の安全については、以下の4項目に分かれており、それぞれの項目ごとに等級判定を行います。

1.感知警報装置設置等級
2.3階の脱出対策
3.耐火等級(開口部)
4.耐火等級(開口部以外)

等級の水準

各項目ごとの等級の基準一覧を参照して下さい。

等級の表示

項目 表示

1.感知警報装置設置等級

感知警報装置の設置による自住戸の火災の早期覚知のしやすさを、4つの等級で表示

2.3階の脱出対策 3階建てのみについて、火災時の脱出対策の有無を表示
3.耐火等級(開口部) 外部からの延焼のおそれのある部分にある外壁の開口部の耐火時間を評価し、3つの等級で表示
4.耐火等級(開口部以外) 外部からの延焼のおそれのある部分にある外壁、軒裏の耐火時間を評価し、4つの等級で表示

ホームズ君.comのトップページへ
Copyright(C) INTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.