ホームズ君.comのトップページへ
高齢者等への配慮
構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯



[性能表示目次に戻る]

評価・表示項目
等級の基準一覧
項目別基準解説
  イ.部屋の配置
  ロ.段差の解消
  ハ.階段の安全性
  ニ.手すりの設置
  ホ.通路・出入り口の幅員
  へ.寝室・便所・浴室の基準
用語の解説
  特定寝室とは
  日常生活空間とは
  段差の定義
  通路の幅員について
  出入り口の幅員について
  「軽微な改造」と「工事を伴わない撤去」とは

ホ.通路・出入り口の幅員


日常生活空間内の通路及び出入口の幅員は、次の基準を満たすこと。

■等級3

1.日常生活空間内の通路の幅員

  • 日常生活空間相互を結ぶ通路の有効な幅員を780mm以上(柱等の箇所は750mm以上)としてください。
  • ただし、ホームエレベータを設置する場合は、ホームエレベータから日常生活空間に至る経路も対象となります。

2.日常生活空間内の出入口の幅員

    a.玄関・浴室の出入口

    • 日常生活空間内の玄関の出入口の幅員は750mm以上、浴室の出入口の幅員 は600mm以上確保してください。
    • ただしこの場合の幅員は、開き戸では建具の厚み、引き戸では引き残しを 勘案した通行上有効な寸法をいいます。


    b.玄関・浴室以外の出入口

    • 日常生活空間内の玄関・浴室以外の出入口の幅員は、750mm以上確保してください。(軽微な改造 による確保も可)
    • また、日常生活空間内のバルコニーの出入り口には、この基準は適用されません。

■等級4

1.日常生活空間内の通路の幅員

  • 日常生活空間相互を結ぶ通路の有効な幅員を780mm以上(柱等の箇所は750mm以上)としてください。
  • ただし、ホームエレベータを設置する場合は、ホームエレベータから日常生活空間に至る経路も対象となります。

2.日常生活空間内の出入口の幅員

    a.玄関・浴室の出入口

    • 日常生活空間内の玄関の出入口の幅員は750mm以上、浴室の出入口の幅員 は650mm以上確保してください。
    • ただしこの場合の幅員は、開き戸では建具の厚み、引き戸では引き残しを 勘案した通行上有効な寸法をいいます。


    b.玄関・浴室以外の出入口

    • 日常生活空間内の玄関・浴室以外の出入口の幅員は、750mm以上確保してください。(工事を伴わない撤去等による確保も可)
    • また、日常生活空間内のバルコニーの出入り口には、この基準は適用されません。

■等級5

1.日常生活空間内の通路の幅員

  • 日常生活空間相互を結ぶ通路の有効な幅員を850mm以上(柱等の箇所は800mm以上)としてください。
  • ただし、ホームエレベータを設置する場合は、ホームエレベータから日常生活空間に至る経路も対象となります。

2.日常生活空間内の出入口の幅員

a.玄関・浴室の出入口

  • 日常生活空間内の玄関,浴室の出入口の幅員は800mm以上 確保してください。
  • ただしこの場合の幅員は、開き戸では建具の厚み、引き戸では引き残しを勘案した通行上有効な寸法をいいます。

b.玄関・浴室以外の出入口

  • 日常生活空間内の玄関・浴室以外の出入口の幅員は、800mm以上確保してください。(工事を伴わない撤去 等による確保も可)
  • また、日常生活空間内のバルコニーの出入り口には、この基準は適用されません。

ホームズ君.comのトップページへ
Copyright(C) INTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.