ホームズ君.comのトップページへ
構造の安定
構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯



[性能表示目次に戻る]

構造の安定
評価方法と等級
耐震等級(倒壊等防止、損傷防止)
  耐風等級
  耐積雪等級(多雪地域のみ)
  地盤又は杭の許容支持力及びその設定方法
  基礎の構造
耐震・耐風等級チェック項目
  壁量のチェック
  バランスの良い壁量のチェック
  床倍率のチェック
  接合部のチェック
  基礎のチェック
  横架材のチェック

壁量のチェック

  • 等級1(建築基準法)の壁量のチェックの方法は、耐力壁を対象とした改正前の建築基準法と同じ考え方です。存在壁量が地震力に対する必要壁量を満たしていれば耐震等級1、風圧力に対する必要壁量を満たしていれば耐風等級1となります。

  • 等級2以上も基本的な考え方は同じですが、等級1(建築基準法)が耐力壁のみを評価するのに対し、等級2以上では、準耐力壁等(準耐力壁、垂れ壁、腰壁)も評価の対象に含め、より詳細なチェックを行ないます。

  • ただし、等級2以上でも、等級1(建築基準法)を満たしていること、つまり耐力壁だけでも一定の水準を確保していることを確認する必 要があります。


1. 存在壁量≧必要壁量を確認します

存在壁量が、目標とする等級の、地震力に対する必要壁量と、風圧力に対する必要壁量に対して、それぞれ上回っているかどうか確認します。

存在壁量≧目標とする等級の地震力に対する必要壁量
存在壁量≧目標とする等級の風圧力に対する必要壁量


2. 必要壁量は、より詳細な条件により決めます。

地震に対する必要壁量は、屋根の重さや地震地域係数に加えて、以下の条件設定により求めます。

@積雪深
A2階床面積の1階床面積に対する割合

風圧力に対する必要壁量は、以下の条件設定により求めます。

@風の強さの地域区分(地域の基準風速)


3. 存在壁量は、より多くの壁要素を考慮します。

(1)上下に横架材や枠材のない面材も、壁要素として考慮します。

  • 上下の辺を横架材や枠材に釘で止めつけられた(日の字釘打ち)面材だけでなく、上下の辺が釘打ちされていない(川の字釘打ち)面材も、壁要素に含まれるようになります。

  • 壁として認められるものは、以下の通りです。
      @日の字釘打ちされた面材=基準法で認められていた釘打ち
      A川の字釘打ちされた面材=幅木〜天井の石こうボードなど

(2)垂れ壁、腰壁に貼られた面材や木摺りも、壁要素として考慮します。

  • 横架材間全てに張り巡らされた面材や木摺りだけでなく、間口廻りの面材や木摺りも、要素に含まれるようになります。

  • 壁として認められるものは、以下の通りです。
      @耐力壁=横架材間の軸組に貼られた面材・木摺り、筋かい
      A準耐力壁=床〜天井までの面材
      B腰壁等=間口下枠〜床梁や間口上枠〜上階横架材の面材・木摺り

◆チェックの手順

(1) 建築基準法で定める存在壁量(=耐力壁)を求めます。
  各階、各方向について、壁長さに壁倍率をかけたものの合計を求めます。
(2) 建築基準法で定める必要壁量
  地震用と風用の必要壁量のうち大きい方を各階、各方向の必要壁量とします。
(3) 各階、各方向について存在壁量≧必要壁量を確認します。
(4) 性能表示で定める存在壁量を求めます。
  性能表示の存在壁量=建築基準法の存在壁量+準耐力壁等による壁量
  各階、各方向について求めます。     
  それぞれの壁倍率を求めます。     
  壁長さに壁倍率をかけたものの合計を求めます。
(5) 性能表示で定める必要壁量を求めます。   
  対象とする等級項目の、目標とする等級ランクの必要壁量を求めます。
  →耐震等級の等級2   
  →耐震等級の等級3
  →耐風等級の等級2
  各階、各方向について求めます。
(6) 各階、各方向について   
  性能表示の存在壁量≧目標とする等級の必要壁量を確認します。

ホームズ君.comのトップページへ
Copyright(C) INTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.