ホームズ君.comのトップページへ
構造の安定
構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯



[性能表示目次に戻る]

構造の安定
評価方法と等級
耐震等級(倒壊等防止、損傷防止)
  耐風等級
  耐積雪等級(多雪地域のみ)
  地盤又は杭の許容支持力及びその設定方法
  基礎の構造
耐震・耐風等級チェック項目
  壁量のチェック
  バランスの良い壁量のチェック
  床倍率のチェック
  接合部のチェック
  基礎のチェック
  横架材のチェック

バランスのよい壁配置のチェック

壁の配置に偏りがあると、地震力が加わったときに、ねじれるように壊れてしまうことがあります。
全ての等級で共通のチェックを行ないます。建物の平面を短冊状に4等分したときの両端の壁量の充足率(存在壁量÷必要壁量)が共に1を上回るか、又は両端の壁量の充足率を相互に比べたときに、小さい方が大きい方の1/2以上であれば、バランスが良いと判断します。これを各階、各方向についてチェックします。

1.偏心が大きすぎないように、建築基準法に基づく簡易法でチェックします。

(1)偏心とは

  • 重心と剛心のずれを偏心と言います。
        重心=重さの中心。主に床の形で決まります。
        剛心=堅さの中心。主に壁の配置の偏りで決まります。

  • 偏心が大きすぎると、建物はねじれるようにして壊れる可能性があります。

(2)偏心のチェックの簡易法とは

    建物の平面上で、各階各方向ごとに外側から1/4ずつの長さのエリアを設定し、両端のエリアの存在壁量の必要壁量に対する比を、左右で比べます。

    • このとき、双方が1以上であるか、そうでない場合に、小さいほうの数量が大きいほうの数値の0.5倍以上であることを確認します。

◆チェックの手順

@各階・各方向ごとに、平面を四つに分割します。
A平面上の端から1/4の範囲の存在壁量を求めます。
  平面上の建物の左端から1/4の範囲にある必要壁量(cm)
  平面上の建物の右端から1/4の範囲にある必要壁量(cm)
B平面上の端から1/4の範囲の地震に関する必要壁量を求めます。
  平面上の建物の左端から1/4の範囲の必要壁量(cm)   
  平面上の建物の右端から1/4の範囲の必要壁量(cm)
C平面上の端から1/4の範囲の壁量の充足比を求めます。
  充足比= 平面上の建物の端から1/4の範囲にある存在壁量(cm)
  平面上の建物の端から1/4の範囲の必要壁量(cm)
D平面上の端から1/4の範囲の壁量の充足比の左右のバランスをチェックします。
  両側の充足比が1以上の場合⇒OK  
  片方又は両方が1未満の場合⇒小さいほうを大きいほうで割った値が、0.5以上であることを確認します。もし、0.5に満たない場合は、満たすように壁量を増やします。

ホームズ君.comのトップページへ
Copyright(C) INTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.