ホームズ君.comのトップページへ
構造の安定
構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯



[性能表示目次に戻る]

構造の安定
評価方法と等級
耐震等級(倒壊等防止、損傷防止)
  耐風等級
  耐積雪等級(多雪地域のみ)
  地盤又は杭の許容支持力及びその設定方法
  基礎の構造
耐震・耐風等級チェック項目
  壁量のチェック
  バランスの良い壁量のチェック
  床倍率のチェック
  接合部のチェック
  基礎のチェック
  横架材のチェック

床倍率のチェック

  • 十分な壁量を確保していても、2階の床や屋根面等が合板や火打ちなどで固められていないと、地震力や風圧力が加わったときに、上部の水平力を下部の壁に伝えることができず、壊れてしまうことがあります。

  • 壁倍率が壁の強さを表現するように、2階の床や屋根面等の固さを床倍率として表現します。

  • @で求めた必要壁量に応じた床倍率を確保します。つまり、壁が多く必要となるほど、十分な床の固さを確保する必要があります。

1. 耐力壁線間の距離が、大きすぎないことを確認します。

  • 耐力壁線とは、外壁線と、建物内部の壁が充分ある通りの壁線をいいます。

  • 隣り合う耐力壁線間の距離が、8m以下となるように、耐力壁線を配置します。
    筋かいを用いず、靱性のある壁だけでつくられた住宅では、12m以下とします。

2. 存在床倍率≧必要床倍率を確認します。

  • 階段の吹き抜けの部分など、部分的に床の奥行き方向が短いと、水平力に対して床は壊れやすくなります。

  • 対象となる床・屋根の平面形状、耐力壁との位置関係に応じて、地震・風に必要となる床倍率を求めます

  • 目標等級の地震に対する必要床倍率と、風圧力に対する必要床倍率の、いずれを上回る存在床倍率となるような、床の仕様(構造方法)であるか確認します。


ホームズ君.comのトップページへ
Copyright(C) INTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.