ホームズ君.comのトップページへ
構造の安定
構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯



[性能表示目次に戻る]

構造の安定
評価方法と等級
耐震等級(倒壊等防止、損傷防止)
  耐風等級
  耐積雪等級(多雪地域のみ)
  地盤又は杭の許容支持力及びその設定方法
  基礎の構造
耐震・耐風等級チェック項目
  壁量のチェック
  バランスの良い壁量のチェック
  床倍率のチェック
  接合部のチェック
  基礎のチェック
  横架材のチェック

基礎のチェック

  • 住宅にかかる様々な鉛直荷重(固定・積載・積雪の荷重)が上部構造、基礎を通じて地盤に伝わり、かつ、地震力や風圧力などの水平力により上部構造に生じる引張力に対して、十分な耐力を基礎が有するように、基礎の部材の種別や寸法などを設定します。

  • 建物の条件や地盤の許容支持力に応じた基礎の断面寸法や配筋量などを、スパン表から選択します。

1. 基礎は、形式を問わず以下の条件によります。

  • 基礎は、鉛直荷重と水平荷重についてそれぞれ必要な仕様のチェックを行います。

  • それらを比較して、より強いほうの仕様の断面寸法、配筋量とします。

2. 基礎は、荷重条件に応じて、仕様をスパン表から選択します。

  • 積雪深さ・建物階数・地耐力等の条件に応じて、耐力壁線間隔・開口スパン・基礎立上り高さ・底盤の幅・配筋量等の仕様を設定します。


ホームズ君.comのトップページへ
Copyright(C) INTEGRAL CORPORATION. All Rights Reserved.