木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

巨大地震への備え万全に 防災の日、各地で訓練 政府は南海トラフ想定

 「防災の日」の1日、大震災に備えた防災訓練が各地で行われた。政府は死者が最悪32万人に上るとされる南海トラフ巨大地震を想定した初めての総合防災訓練を実施。東日本大震災で被災した福島県は3年ぶりに総合訓練を再開した。「命を守るために何をすべきか」。参加した一人ひとりは真剣な表情で、いつ来てもおかしくない災害に備えた。

 総務省消防庁によると訓練の参加予定人数は43都道府県で約133万人だったが、九州や四国では雨の影響で訓練を中止する自治体もあった。

 政府の訓練は午前6時5分ごろ、静岡県から九州の日向灘を震源とするマグニチュード(M)9.1の巨大地震が発生、広い範囲で震度7の揺れが起きたと想定。官邸に閣僚や各省庁担当者が集まり、緊急災害対策本部会議や臨時閣議で対策を協議。6月に改正された災害対策基本法に基づき対処方針を決定した。

 安倍晋三首相は臨時閣議後、記者会見し「政府は被災者救出、消火活動に全力を尽くす。津波警報などに注意し命を守る行動を取ってください」と呼びかけた。政府の想定では南海トラフ地震で死者32万人、経済被害220兆円が出る恐れがある。官民で防災・減災に取り組めば死者は5分の1、経済被害は半減できるとしており内閣府は一人ひとりが防災意識を高めるよう求めている。



(2013/9/2 日本経済新聞 )
▲TOP