木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

国交省、長期優良リフォーム工事に100万円補助

国土交通省は1月23日、性能向上を図るリフォームの工事費などを1住戸当たり100万円まで補助する長期優良住宅化リフォーム推進事業の募集要領案を公表した。
 2013年度の補正予算案に盛り込んだ事業で、予算成立後、迅速に公募を実施するため現時点の具体的な内容を公表した。募集要領案と合わせて、補助対象とする性能向上の評価基準案やインスペクション(建物診断)のための現況検査チェックシートなども公表している。

 対象要件として、大きく3点を挙げる。
(1)リフォーム工事の前にインスペクションを実施するとともに、工事後に維持保全計画を作成すること
(2)次に挙げる性能項目のいずれかの性能向上に資するリフォーム工事を行うこと。
a)劣化対策、b)耐震性、c)維持管理・更新の容易性、d)省エネルギー対策、e)高齢者など対策、f)可変性(eとfは共同住宅のみを対象とする)
(3)リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性(新耐震基準適合など)の基準を満たすこと

 補助対象は、上記(2)で挙げた性能項目の基準を満たすためのリフォーム工事だ。募集要領案では、この工事を「特定性能向上工事」と呼んでいる。そのほかの性能向上工事やインスペクションの費用、リフォーム履歴作成費用、維持保全計画作成費用なども補助の対象とする。補助額は、リフォーム工事にかけた費用の合計の3分の1以内の額で、1住戸当たり100万円を限度額としている。

 募集要領案では、補助対象外の工事を例示した。個人の嗜好(しこう)に基づくリフォーム工事や住宅に組み込まれない設備・機器などの導入・交換だ。前者の例としては、個人の趣味や好みによる外壁の塗り替え、家具の設置工事、間取りの変更工事など。後者としては、壁掛け式エアコン、食器洗浄機、調理器具、蓄電池などを挙げている。

 国交省では2013年度補正予算が成立した後、募集要領や評価基準を確定したうえで提案を募る。申請や基準についての問い合わせには、予算成立後に開設する事務局で対応する予定だ。




(2014/1/25 日本経済新聞WEB )
▲TOP