木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

LCCM住宅に上限125万円/戸を補助

 国土交通省は3月1日、東京で開催した同省主催の説明会で、2018年度に予定している「LCCM(エルシーシーエム、ライフサイクルカーボンマイナス)住宅」(※)向け支援制度の概要を示した。1戸あたり上限125万円(高性能化にかかる費用の2分の1以内)を補助する。LCCM住宅の普及を後押しする。

 具体的には、先導的な建物の省CO2化を支援する支援事業「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の枠組みのなかに、LCCM住宅部門を創設する。一般財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)による認定制度もある。

 要件は、ライフサイクルCO2の評価結果がゼロ以下となること、ZEH(ゼロエネルギー住宅)の要件を満たすもの、住宅としての品質が確保されたもの。

 ライフサイクルCO2の計算は、4月に公開予定の戸建て住宅用CASBEE(建築環境総合性能評価システム)の2018年版もしくは、専用の評価ツールによって行う。

 住宅としての品質については、CASBEEの「B+」同等以上の性能があること、または長期優良住宅認定を要件とする予定。

※LCCM住宅とは、使用段階だけではなく、資材製造や建設段階、解体時まで含めたライフサイクルで建物が排出するCO2を再生可能エネルギーの効果により、ゼロ以下にする住宅のこと。建設行為によるCO2排出を実質的になくすことができる。


(2018/3/1 新建ハウジングDIGITAL )
▲TOP
▲TOP