木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅の耐震工事、新基準も助成 東京都杉並区

 東京都杉並区は2018年度、木造住宅の耐震改修工事への助成制度を拡充する。1981年6月以降の新耐震基準に適合した建物も一定の条件の下で助成対象に加える。2016年の熊本地震で新基準以降の比較的新しい住宅にも被害が目立ったことを受け、補助の範囲を広げる。

 新基準の木造住宅への助成は都内で初めてという。年10件、1件当たり最大100万円を給付する。高齢者や障害者ら被災時に迅速な避難が難しい人が対象。地震保険への加入を促すため、保険加入者にも助成する。00年6月以降の現行の耐震基準の建物は対象に含めない。

 木造住宅の耐震診断も支援する。簡易診断は年55件を無料で実施。精密診断は年30件、1件10万円を上限に助成する。

 杉並区は独自に首都直下地震の被害も予測。東京湾北部でマグニチュード7.3の地震が発生した場合、区内で5棟に1棟の家屋が焼失すると推計している。



(2018/3/7 日本経済新聞 )
▲TOP
▲TOP