木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

壁量計算書の保存義務化、4号建築物の規制強化へ

 建築士事務所に保存を義務付ける設計図書の対象範囲が拡大する。国土交通省は、建築士法施行規則を改正し、木造戸建て住宅など、いわゆる4号建築物について、壁量計算図など構造図面の保存を義務付ける方針を固めた。保存期間は図書を作成した日から15年間。


(2019/7/22 日経XTECH )
▲TOP