木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震
「よくわかる耐震」トップ ≫ 木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細

「建築物の省エネ改修工事」の提案募集を開始します!

 ~令和2年度既存建築物省エネ化推進事業の第1回提案募集~
 国土交通省では、既存建築物の省エネ化の推進及び関連投資の活性化を図るため、民間事業者等が行う既存建築物の省エネルギー性能の向上に資する改修等を支援しております。【別紙参照】
 今年度の支援対象事業の選定に向け、本日より、企画提案の募集を開始します。
 なお、例年実施していた事業者向け説明会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、中止させて頂きます。大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程、何卒宜しくお願い致します。

1)主な事業要件
 [1]躯体(外皮)の省エネ改修工事を行うもの
 [2]建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して、20%以上の省エネ効果が見込まれる改修工事を行うもの
  (ただし、躯体(外皮)の改修面積割合が20%を超える場合は、15%以上の省エネ効果とする)
 [3]改修後の建築物の省エネルギー性能を表示するもの
 [4]改修後に一定の省エネルギー性能に関する基準を満たすもの
 [5]エネルギー使用量の実態を把握する計測を行い、継続的なエネルギー管理、省エネルギー活動に取り組むもの
 [6]事例集等の作成に対し、情報提供に協力すること
 [7]省エネルギー改修工事とバリアフリー改修工事に係る事業費の合計が500万円以上のもの(複数の建築物の事業をまとめて提案し、上記事業費以上となる場合も可)
 [8]改修後に耐震性を有すること
 など

2)補助対象費用
 [1]省エネ改修工事に要する費用
 [2]エネルギー使用量の計測等に要する費用
 [3]バリアフリー改修工事に要する費用(省エネ改修工事と併せて行う場合に限る)
 [4]省エネルギー性能の表示に要する費用

3)補助率・補助限度額
 補 助 率:補助対象費用の1/3
 補助限度額:5,000万円/件(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで)
 ※バリアフリー改修を行う場合は、当該改修に係る補助額として2,500万円または省エネ改修にかかる補助額を限度に加算
 ※詳細は事務局HPに掲載している募集要領をご確認ください。

4)応募期間
 令和2年4月14日(火)~令和2年5月25日(月)
 ※夏頃に、第2回提案募集を予定しております。ただし、予算の執行状況等によっては、これによらない場合があります。

5)応募方法
 応募期間内に、提案書を郵送により提出(消印有効)
 ※募集方法や応募書類の詳細については、事務局のホームページをご確認ください。

6)今後の予定
 ・当支援事業に関する説明会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、中止させて頂きます。募集要領等の資料について、希望者の方へは郵送対応も行いますので、詳細は以下のホームページをご確認ください。
  https://www.jsbc.or.jp/seminar/co2_seminar2004.html
 ・応募提案については審査の上、8月頃を目処に採択事業を公表する予定です。
  ※新型コロナウイルス等の影響で、採択時期については前後する可能性があります。予めご了承ください。

■問い合わせ先
 既存建築物省エネ化推進事業評価事務局
 ※事業要件、応募方法の詳細、提案書の様式等は以下のHPをご確認ください。
 H P:http://hyoka-jimu.jp/kaishu/
 メール:kaishu@hyoka-jimu.jp

 →報道資料URL
 →報道発表資料(PDF)
 →別紙(PDF)


(2020/04/14 国土交通省報道発表資料 )
▲TOP